ヘッドホンを掛けた女性

練習を行う

声優に求められるものの基礎として、正しい発声が求められます。
声優はアニメのキャラクターに声をあてたり、CMや番組のナレーションや朗読など、声に関わることであれば全て声優の仕事になります。
その人の声だけで聞いている人に、キャラクターの感情、映像の情景などを伝えなければなりません。
そのため、何を言っているか分からないというのは声優にとって最も致命的であるといえます。
聞き取りやすい声であるか、正しい発音・声量であるか、言葉のアクセント、イントネーションは正しいのかなど基礎として求められるのもは多いです。
昨今でも声優を目指す人は多く、そのための教養本は容易に書店などで手に入れられますし、そのためのスクールも存在します。

声優になるために独学で勉強することは悪いことではありません。
しかし、最も近道なのがスクールに通うことです。
スクールといっても、東京をはじめとした都心部や各都道府県には少なからずスクールが存在します。
残念なことにこのスクールを卒業したからといって必ずしも実践で活躍できるとは限りませんし、資格があるわけでもなく、ましてや国の定める教育機関でもありません。
またスクールによって当たり外れがあるもの事実です。
失敗しないための一つの判断基準として、実践で活躍されているプロの方が講師を務めているところであれば、最新の現場状況を直に学習できますし、プロの方の技術を自分の技術として取り込めば、まさに実践で活用できる人材として成長できるのです。